ハーフ妻と帰国子女夫のワンダーラスト日記

ブータン生活、デュアルキャリアカップル、遠距離恋愛、別居婚、アイデンティティ、言語など

ブータンいちおしゃれなレストランで誕生日を祝う

前回の記事で、「今年は家で誕生日を祝う」と言ったのですが、結局外でディナーを食べました。

couple.jewellery-wanderlust.com

 

そのお店は、在ティンプー在住外国人が集まる、ブータンいちおしゃれといっても過言ではないレストランなのです。

 

 

レストランで祝う

お店がこちら!

f:id:jewellerywanderlust:20210424010142j:plain

 

Cloud9(クラウドナイン)」というお店です。ティンプーで最も栄えている通りに面していて、ハンバーガーやパスタなど洋食を出すので、外国人がよく利用しています(知り合いとの遭遇率もかなり高い)。

 

↓トリップアドバイザーでも高評価。 

www.tripadvisor.com

 

内装もとてもおしゃれ。

f:id:jewellerywanderlust:20210424010330j:plain

 

f:id:jewellerywanderlust:20210424010358j:plain

 

頼み過ぎ問題

ここで誕生日ディナーとしていただいたのは、

  • 生ハムなど前菜のプレート
  • ビーツのサラダ
  • エビのリングイネパスタ
  • ベーコンアボカドバーガー

 

です。夫と私の2人前です。文字だけ見るとちゃんと2人前ですよね。ところが実際は少し想像と違いましたので、写真をご覧下さい。

 

まずは前菜プレート

f:id:jewellerywanderlust:20210424010446j:plain

前菜を頼んだら前菜の量じゃなかった!フォカッチャが付いてくるなんて聞いてないよ。でもすごくおいしくて食べてしまう…。

 

f:id:jewellerywanderlust:20210424011157j:plain

生ハム、サラミ、チーズ、ピクルス、ドライトマト、アーティチョーク等々、東京だったら3000円くらいするんだろうなと思いますが、これで1500円程度でした。ブータン最高です。

 

私たちは2人掛けのテーブルに座っていたのですが、前菜プレートの時点でもうスペースがなくなったので、早々に4人掛けテーブルへ移動。

 

その後、サラダとパスタが運ばれてきました。

f:id:jewellerywanderlust:20210424011509j:plain

ここで終わればまだよかった。「食べ過ぎちゃったね♥︎でもおいしかったね」で済んだ。

 

そして忘れた頃にやってきただめ押しのバーガーで、テーブルはこんな状態に。

f:id:jewellerywanderlust:20210424011617j:plain

ハンバーガーが所在無さげに、居心地悪そうにしています。

 

そしてこの写真、頑張ってトリミングしたのですが、夫の手だけ残ってしまいました。ちょうど左手薬指ということもあり、一昔前に流行った(?)「匂わせ写真」みたいになってしまいました…。しかしブログタイトルに「夫」と入ってしまっているので、匂わせるにはオープンすぎますね。

 

結局全ては食べきれず、前菜の生ハムたちをお持ち帰り用に詰めてもらいました。そして翌日の私のお昼ご飯になりましたとさ。

 

家でも祝う

この日はCloud9でディナーを済ませましたが、事前にホテルのパティスリーに、バースデーケーキを注文していました。家に帰って、それを食べます。

 

ブータンのバースデーケーキ

ホワイトチョコレートのケーキを注文したのですが、夫はスポンジがあまり好きではないので、「スポンジ少なめで、チョコ感多めのケーキにしてください」と頼んでいました。イメージとしては、ガトーショコラやザッハトルテのような。そして出来上がったのがこちら。

f:id:jewellerywanderlust:20210424012214j:plain

食べてみると、もろスポンジケーキです。断面図をお見せ出来ないのが残念ですが、見るからにもろスポンジです。まあややこしい注文だったし、と自分たちを納得させ最後までおいしくいただきました。

 

バースデーバルーンにまつわる悲しい真実

そして、地味に楽しみにしていたのが、バースデーバルーン!出来はこの通り!

f:id:jewellerywanderlust:20210424012342j:plain

うーん、初心者にしては良い感じ。スペースの計算が甘かったせいで、最後の「Y」がはみ出してます。

 

風船っていいですよね。一気にお祝いムードが高まりますし、テンション上がります。

 

しかし、今回気がついてしまいました。アラサーぐらいからバルーンはキツくなる…。

 

私は風船を膨らませようと思いっきり吹いた途端、めまいが。そして夫は次の日から「なんかそれ見ると目がチカチカするんだけど…」と。

 

二人ともこれは、衰えでしょうか?別名、老いともいいます…。

 

純粋にバルーンを飾ってきゃぴきゃぴできた時期は、とうの昔に過ぎてしまっていたのです。

 

なんとも悲しい事実に気づいてしまった誕生日でしたが、またひとつ大人になることが出来て嬉しいです。私はシェイクスピアのリア王に登場する道化の台詞、「賢くならないうちに、年を取ったらだめじゃないか」という言葉が好きです。この言葉を誕生日を迎えるたびに思い出して、自戒にしたいなと思います。